射精管理中にアナニーに目覚める

射精管理をしてもらっている最中、貞操帯も装着されてチンコに直接触れられずシコる事も出来ない状態で何とか気持ちよくなる方法を探してアナニーにたどり着いた話。
よくアナニーにハマるとアナルをぶっ壊して人工肛門になったり、生のチンコを入れたくなってホモ化したりなど言われていますが、正直その可能性は十分にあると思います。
ですが、拡張マニアや自制心が極端に欠如した人でなければ、日常生活に支障なくアナニーの快楽と共存出来るでしょう。
程々に楽しむ分であれば、通常のオナニーに飽きてしまった人にもオススメ出来るこのアナニーという手法。
今回は、そんな程々に楽しむためにアナニーの方法を紹介します。
本格的なアナル拡張やアナニー、前立腺開発等の手法は別途手法まとめをご覧あれ。

気を付ける事

程々に楽しむ程度であっても、ガッツリ開発する時と同じぐらい安全に気を付けて行います。
準備すべき物は、最低限でも大量のローションとコンドームまたは表面が滑らかな指サック、出来ればスポイトか浣腸器具があれば可能です。
コンドームを使うのであれば使い捨て出来るので、浣腸が甘くても何とかなりますが、極力衛生面には気を配りましょう。

浣腸の際は、人肌程度のぬるま湯で行います。
シャワ浣と呼ばれる、シャワーヘッドを取り外してホースを肛門に押し付けて浣腸する方法の場合、出すぬるま湯の勢いに注意しましょう。
浣腸前に、お風呂に浸かって身体を温めておくのも効果的です。

挿入

最初は指での挿入を試みる人が多いでしょう。
まず爪をしっかり切った中指または人差し指に、サックやコンドームをかぶせてたっぷりローションをなじませます。
肛門にもローションを沁み込ませるように塗り、下半身の力を抜いて肛門へ垂直にゆっく指を入れてみましょう。
指の第二関節まで挿入出来たら十分前立腺は刺激する事が可能です。
途中で摩擦が生まれるようだったり、痛みがあるようであれば中断してローションを付け足しましょう。
挿入出来たらお腹方向の腸壁を探ってみてください。
ちょっと固めの感触があるので、そこが前立腺です。
指を挿入してしばらく弄っていれば、大体の位置や場所はつかめるのでその後は綿棒やマドラーなど、指より細い挿入しやすい道具に変えるのも良いでしょう。

アナニーすると我慢汁が大量に出る

前立腺の位置をつかみ、沸々と気持ちよさが出てきた頃になると、カウパーが大量に出てきて射精管理中に貞操帯を付けている場合はとんでもなくギトギトに汚れます。
今までのオナ禁期間が長ければその分だけカウパー洪水になる事もあるので要注意。
我慢汁で汚れた貞操帯は、しっかりと洗浄して清潔を保ちましょう。

前立腺を弄り続け、このまま興奮と快楽が高まっていくと次第にチンコに手を触れなくても射精できるようになります。
射精管理プレイ中はここにも注意して、程よい快楽で辞めれる気持ちの強さが求められます。

アナニーがメインにならないために

普通のオナニーによる射精より、アナニーの方が数倍以上は気持ちが良い、これは本当のことです。
この気持ちよさを覚えると、オナニーやセックスの気持ちよさがアホらしく思えるほどです。
この価値観の変化によって、本人にゲイの気が無くても単純により強い快楽を求めてホンモノのチンコを入れたがるようです。
何故本物のチンコが欲しくなるのかというと、詳しく説明すると長くなるので割愛しますが、自分の意思ではなく相手主導で気持ちよくさせられている状況が気持ちよさを倍増させているからです。
ここで気持ちの抵抗力が低い人だと、ズルズルとアナニーの気持ちよさに負けてあらぬ方向へと進んでしまいます。
それを防ぐためには定期的なペニスでのオナニーが効果的なのですが残念ながら射精管理中はオナニーが出来ません。
他に取れる手法は、アナルに太いものを挿入しない事。
少なくとも指以上の太さの物を挿入しない事で、前立腺への強い刺激を制限してアナニー依存を軽減します。

カテゴリー:SM出会い体験談