アクセスランキング

チューブ付きペニスシースで尿道調教した話

SMはM男といえどもただ受身でいればいいわけではない。
情報収集はしておいて損はない。
常に新しい調教やSMグッズがあるかアンテナを張っておいた方が良い。
SMの調教は多岐にわたる。
自分の好みの性癖に合うグッズがいつ発売されるか知っておくだけでも、自分の調教が広がっていくのだ。

SMコミュニティで情報収集をしていると、チューブ付きのペニスシースがあると教えてもらった。
ペニスシースといえば、ペニス型のコンドームのようなものである。
それにチューブがついているので、放尿や射精も一応可能のようだ。
そのチューブからペニスに何か入れるのもできる。
コンドームのような使い方をするはずなのに、チューブがあるとそれができないのだ。
SMが好きな人は変態が多い。
こんな謎のグッズを作ってしまうのだから。
とても興味深かった。

だが、そのチューブ付きペニスシースはほとんど販売されていなかったのである。
あったと思ったら売り切れ、または外国のサイトで本当に届くのか不安になる。
なので根気よく探して、ようやく購入できた。

その間にチューブ付きペニスシースに興味のあるS女様もみつかった。
S女様は珍しいもの好きの人だった。

調教前にいろいろとペニスシースを触って確かめていた。
私のペニスと見比べて、かぶせたらガバガバですぐ取れるんじゃないかと心配していた。
ペニスシースはシリコン製だけど、そこまで伸縮性は無いから当然の疑問だ。
潤滑剤をたくさん塗って勃起したらなんとかピッタリするということを説明した。

実際にやってみて、意外とピッタリハマっていることを確認すると嬉しそうに笑った。
それからチューブに尿道カテーテルを突っ込み、尿道に上手く入れてゆっくりと奥の方にいれていった。
ちょっと難しかったけどなんとかできた。
カテーテルからおしっこが勝手に出ていく。

カテーテルの先を自分の口に突っ込まれて、自分のおしっこを飲尿した。
おしっこの味だ。
美味しいとは思わない。

ただ尿道調教はとても楽しかった。
いつも永遠に終わらないようにと思うのだけど、終わってしまって寂しい。
また調教してもらいたい。

カテゴリー:SM出会い体験談