アクセスランキング

超刺激的なチンコ電流調教

電流

電流オナニーなんて動画があるので、セフレ女王様にお願いしてみました。
試してみたいという興味はあるが、電流が流れるなんて若干怖くて自分で出来なかったためである。セフレいてよかったと思う。
こんな変態的なこと妻には頼めない。

チンコ電流で味わえるのは、拷問系の恐怖。
・拘束される恐怖
・電流を流される恐怖
・痛いかもしれないという恐怖

そして、
その恐怖の先にある『快楽』を味わうのです。

ある一線超えると恐怖や痛みが、ふっと気持ちよさに変わるのです。
その瞬間の何とも言えない気持ちよさ。これは実際に自分が体験しないとわからないもので、言葉に表すのが難しいです。

拘束はSMプレイ経験者なら誰でもあると思いますが、拘束されるのに慣れると縛られる気持ちよさを感じてしまいます。
緊縛なんかがそうですね。縄酔いの状態。これは酔いしれてしまうので電流調教で使うときには恐怖感をひき出させます。

見えなくするのはあまりよくなく、目隠しをしたり、四つん這いで視界を悪くしたり、チングリ返しなどの負担がかかるポーズではなく、ちゃんと見えるように拘束台や仰向けの縛りが視界良好で良いと思います。見るということは恐怖を引き起こします。

チンコはフニャチンよりも突起状態の方が当然刺激を強く感じられます。その突起状態を維持しようとチンコ緊縛をされて、電流マッサージ器をペタペタと貼る場合もありますが、ペニスエクステンダーなどの道具を使って強制的に突起状態を維持しそこに電流マッサージ器を張り付ける場合もあります。

電気を流すときは最小電圧から始め徐々に電圧を上げていきます。マッサージ器なのでそんなに強い刺激は来ないだろうと考える人もいるかもしれませんが、ガチガチに凝り固まった肩や腰にあてるのではなく、ビンビンに勃って感覚機能が研ぎ澄まされているチンコに貼るのです、若干の痛みや体を抜けるような痛みはあります。
電気のON・OFFは女王様次第なのでいつ電流が流れるかはわかりません。そのスリルも緊張を高めます。

一回イって縮まったチンコを振り立たせるために、連続で電流を流して刺激を送る場合もあります。連続射精は休む間もなく責められるので疲労はハンパないです。
受ける方は拷問的ですが、行う方は反応が楽しいプレイなので女王様には喜んでもらえます。
M男に人気プレイというわけではなく、本当に一部なので女王様にとっては新鮮度が高いからなんだと思います。

電気は怖いもの…ですが、気持ちいものでもあるので拷問に合ってみたい、強い刺激が欲しい、恐怖体験の先の快楽を味わってもらいたいという人にはチャレンジしてほしいプレイです。

カテゴリー:SM出会い体験談