「ドライオーガズムは危険」ウソ?ホント?

ドライオーガズムにまつわる話しで
「ドライオーガズムでイクのが気持ち良い」
「絶頂時間が普通の射精より長い」
「一度イケると普通の射精より気持ちが良い」
というようなことを聞きます。

そんなに気持ちが良いなら一度は感じてみたい、やってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そんな中、こんな情報も見かけます。
「ドライオーガズムは危険だ」
と。

「気持ちが良いけど危険なんだろうか?」
「危険ならやめようかな…」
やったことがなければそんな風に迷ってしまうことでしょう。

そこで、ドライオーガズムは危険なのかどうかを調べました。

ドライーガズムは何で感じるのか?

危険なのかどうかを知る前にドライオーガズムは何がどうなって“イク”ことができるのでしょうか。

まずはドライオーガズムとは射精を伴わない性的快楽のことを言います。それに対し通常男がイクのは射精を伴う性的快楽で「ウェットオーガズム」と言います。

ドライオーガズムは射精を伴わないため刺激するポイントが違います。

その刺激をするポイントというのが「前立腺」
前立腺がどこだかわからない人でも名前ぐらいは聞いたことがあると思います。

お尻から指を入れてコリコリっとした物体が前立腺。
ここを開発して射精を伴わないオーガズムを感じられるようにしたのが「ドライオーガズム」です。

危険とはどういうことか?

なぜドライオーガズムが危険と言われるのか?それは“前立腺を刺激することで得るドライオーガズムが危険”ということでなく、“知識のない人が何となく感覚で行うのが危険”だと言うことです。

確かに、知識や経験があっても前立腺を扱うのは本来の目的とは違うので危険がゼロではないですが正しいやり方で行えばオーガズムを感じることができるのは間違いないです。

危険を承知で行うのですから、安全には十二分に気を付けなくてはいけません。
それを無視すると身体を傷付けてしまうのでやめましょう。

正しい前立腺開発のやり方

「前立腺の位置は指の第二関節が入ったぐらいの場所」と言いますが、場所は人それぞれ微妙に違います。なのでアナルから指を入れて必ず第二関節ぐらいのところにあるとは限らないということを知っておきましょう。

場所を目で確認しながら触れるわけではないので知らない人はむやみにやらない方がいいというのが本当のところですが、指を入れて栗ぐらいの大きさ(人によってはもっと小さい)のコリっとしたものであることは確かです。
場所は膀胱の下にはありますが、アナルから遠い奥まった場所にある人もいれば、左右のどちらか寄りの人もいます。わかっている人でなければ発見するのは結構難しいです。

膀胱の下にあり尿道が通っているので優しく触るとちょっと尿意を感じる気持ちになります。
人によってはそれが気持ち悪く感じたり、おしっこが出そうな感覚という人もいます。

そして前立腺を触っていきなり気持ちよくなることはあまりありません。むしろ無いに等しいです。
気持ち良く感じるのは何度かチャレンジしてその感覚に慣れ、前立腺を正しく捉えて刺激しているとき。相手がいるなら相手とのやりとり・雰囲気・その空間があって“気持ちいい”と感じます。

アナルセックスと同じで何度やってもダメな人はダメで、好きな人はとことん好きになります。
前立腺の刺激はアナルから指や道具を入れるのでアナルセックスが好きな人は割と好きな人が多いようです。

前立腺開発の注意点

全く未開発の場合は一人でやらないほうが無難です。場所もわからない、感覚も掴めていない状態で一人での行いは危険度が高いです。前立腺だと思って刺激していた器官が全然違うもので結局は腸壁や臓器を傷付けてしまう恐れがあるからです。

まずはちゃんと知識を持った人にやってもらって自分の体で感覚を掴むこと。一人で開発をしていきたいなら初めの感覚を掴むまでは誰かにやってもらった方が安全です。
誰かにやってもらうとなればS女系のお店やM性感クラブ、SMクラブなどのプロに頼むか、SMマッチングサイトなどの素人の中でも前立腺に詳しい人を探し出すかになります。

まとめ

以上、まとめるとドライオーガズムが危険なのではなく、知識がないまま行う、知識や経験が無い人にやってもらうのが危険なのであって、前立腺でイクことドライオーガズムが危険というわけではない。

知識や経験がある人に開発してもらえば絶対安全とは言い切れないが知識や経験があれば安全を考慮して行えるし、自分で感覚を掴み経験を積んでいけばオーガズムを感じることができる。

全ての人が必ずオーガズムを感じれるわけではないが、ウェットオーガズムでは感じることができない深い味わい・やみつきになる感覚を体験できるので正しい方法でドライオーガズムを習得していきましょう。

カテゴリー:SM出会いサイト分析